読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyciatrist 自転車と精神科医療とあとなんか

ボストン留学帰りの精神科医。自転車好き。

クリニックのサイト作りで、隣町までを対象にして検索対策をしたい

医療


Future Bangkok MRT Map (printed) / Oran Viriyincy

開業するクリニックの宣伝戦略

以前、開業を考えているというお話をしました。現在、メンタルクリニックを開設することを計画しています。そして、クリニック経営のことを調べるにつれて、クリニックの経営には宣伝も必要なのだなということを理解して、宣伝方法を考えています。なんか医療で宣伝を考えるというのはアヤシゲにも思えてしまうのですが、クリニックの存在自体を知ってもらわないとどうしようもないので、やらざるを得ません。医療広告は医療法にて厳しく規制されています。なので、出来ることは限られているのですが、その中で様々な医療機関がしのぎを削っています。

宣伝するにはまず宣伝する相手をきめなければならないのですが、これが難しい。僕は医者としてはどっちかというと、「なんでもある程度出来る」タイプなので、宣伝相手を絞るのが難しいんですね。ただ、幅広く人並み以上には出来ると思うので、逆に考えると絞らずうまくやれば幅広く患者さんを集められるかなーとも思います。そして、幅広く集めるなら、看板等ではなく、やっぱりインターネットでしょう。

そこで、クリニックのサイトを友人に作ってもらうことにしました。もちろん、地元のメンタルクリニックを探している患者さんに見つけてもらいたいので、「駅名+メンタルクリニック」でgoogle検索が一番になることを目指したいと思いました。でも、それだけじゃなくて、まわりの駅からも患者さんが来てもらえるようになれば最高です。クリニック予定地はハブ駅の駅前で本当に便利なところにあります。交通至便なので、近隣の駅からも患者さんに来てもらえると思います。なので、「クリニックのある駅の隣の駅名+メンタルクリニック」の検索でもある程度上位に来てほしいと思っていろいろ考え始めました。

ですが、、これ、、、難しいですね。

 

クリニックホームページ作成と地域を広く取った検索対策の難しさ

検索対策についてどこを調べても、今はリンクを買ったりキーワードをこっそり埋め込んだりするより「サイトの情報量を上げてアクセスする人が必要としている情報を提供することが検索対策において重要」とあるんですが、これを医療でやるのは簡単ではないと思います。医療って前も書いたと思いますが、すごく知識が平準化されていて個々の構成員のモチベーションが高く、啓蒙が重視されている領域なのです。なので、効果があるかどうかわからない突飛な治療とか特殊な病気について以外はどこも似たり寄ったりの情報を提供するものにならざるを得ませんし、ちゃんとしたクリティカルな情報についてはたいていテンションの高い啓蒙家がすでに素敵な情報サイトを作り上げています。「突飛じゃないまともな情報のみを載せて、他より役立つサイトを作る」なんてもう殆ど無理だと感じます。だから全国レベルで検索上位になるサイトを作るのはちょっと非現実的です。

クリニックの宣伝なので、全国レベルで検索上位は目指す必要はないのですが、目標のクリニックのある駅の隣町までを検索対策の対象にするというのもなかなかに難しいです。「クリニックのある駅の隣の駅名+メンタルクリニック」での検索で上位表示させる、、、どういう方法を取ったらいいのか見当がつかないですね。医療では、「地元の食材」とかみたいなローカル性が打ち出しにくいので、隣町までをローカルと捉えてアピールするという手法もとりにくいです。医療情報を書くのにその中に隣町の駅名をキーワードとして自然に入れるのが難しい。。。ブログのようなものをサイトに付属につけて、となり町のニュースを話題にするのがよいのでしょうか?、、、なんとも効果が疑わしいです。クリニックを開く土地+メンタルクリニックで検索上位になるのはある程度できる気がしますけど、それ以上の、「クリニックのある駅の隣の駅名+メンタルクリニック」での検索についてはどうすればいいのか全然思いつきませんね。

google adwordsでとなり町の名前+メンタルクリニックで宣伝を出すしか無いのかもしれません。

なにか良い案がある方は教えて下さい。